コンテンツにスキップする

ガイトナー米財務長官:財政赤字削減への「信頼し得る戦略」が必要

ガイトナー米財務長官は、米国 には時間をかけて財政赤字を削減する「信頼し得る戦略」が必要だと の認識を示した。性急に動けば、景気回復が腰折れするとしている。

同長官は26日、ニューヨークの米外交問題評議会(CFR)で 「財政赤字を削減し、経済における全体的な債務負担を減少方向に持 っていけるような水準に低下させる必要がある」と発言。オバマ政権 としては、2015年ごろまでにそうした方向に持っていきたいと続け た。

また、危機からの脱却において各国が犯した「最大の過ち」は、 時間をかけて徐々に財政赤字を削減せず、性急に動いたことだと指摘 した。

オバマ大統領は、歳出削減と増税を通じて向こう12年間で累積 赤字を4兆ドル(約326兆8000万円)削減する計画を表明。下院 予算委員会のポール・ライアン委員長(共和、ウィスコンシン州)は、 今後10年で6兆ドルの歳出削減を提示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE