コンテンツにスキップする

ゴールデン・ゲートとインフォア、ローソンソフト買収へ-20億ドル

米プライベートエクイティ(P E、未公開株)投資会社、ゴールデン・ゲート・キャピタル(GGC) とソフトウエアメーカーのインフォアは、米ローソンソフトウエアを 約20億ドル(約1630億円)で買収することで合意した。企業向け ソフトの拡充を図る。

26日の発表によると、ローソン株主は1株当たり11.25ドル の現金を受け取る。ゴールデン・ゲートとインフォアが買収協議を明 らかにした先月11日以来、ローソン株は上昇局面にあり、前日には

12.13ドルをつけた。

ゴールデン・ゲートは、製造業や流通業向けのプログラム作成を 手掛けるインフォアへの支援を拡大する。インフォアがローソン買収 を通じて人事やヘルスケア関連ソフトを取得することで、SAPやオ ラクルとの競争が可能になる。フォレスター・リサーチのアナリスト、 ポール・ハマーマン氏は、これら企業の製品はローソン製品と重複す ることから、競争入札の低下につながるとの見方を示した。

セーフウェイやボルボを顧客に持つローソンの2010年5月時点 の従業員数は約3900人で、自社製ソフトウエアのライセンス供与に 加え、顧客支援や保守管理、コンサルティング業務から収入を得てい る。

米資産家カール・アイカーン氏はローソンの主要株主の1人。ブ ルームバーグのデータによれば、3月14日時点の発行済み株式に占 める同氏の保有比率は8.7%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE