コンテンツにスキップする

ギリシャ10年財政赤字はGDP比10.5%、政府見積もり以上-EU

ギリシャの2010年財政赤字は対国 内総生産(GDP)比で10.5%だった。欧州連合(EU)統計局(ユ ーロスタット)の発表した数値は、ギリシャ政府の見積もりを上回っ た。

ユーロスタットの26日の発表によると、ギリシャの10年財政赤 字のGDP比は09年の15.4%から低下。ギリシャ政府は今年2月、 修正後の昨年目標9.4%を達成したとしていた。

ギリシャにとって、EUと国際通貨基金(IMF)による救済の 条件を満たすことが一段と困難になった。政府は依然として、今年の 財政赤字のGDP比を7.4%とする目標を堅持している。今月15日に 発表した260億ユーロ(約3兆1000億円)規模の財政収支改善策には、 11年の目標達成に向けた対象不特定の30億ユーロの歳出削減計画が 含まれている。

ユーロスタットによるとまた、10年のユーロ圏16カ国の政府債 務は対域内総生産比で85.1%と09年の79.3%から増え、過去最大だ った。ギリシャの負債はGDP比で142.8%とユーロ誕生後の12年の 最悪を記録した。

投資家はギリシャのデフォルト(債務不履行)回避が難しいとの 懸念を強めている。ドイツ政府の経済諮問委員会(5賢人委員会)の メンバー、ラルス・フェルト氏はこの日ブルームバーグテレビジョン とのインタビューで、「ギリシャが債務再編なしに財政再建に成功する とは考えにくい」と述べた。

追加措置

ギリシャ政府はこの日の声明で、救済条件の目標達成の決意をあ らためて示し、赤字削減のために必要な追加措置を取ると表明した。 財務省は電子メールで、10年の赤字が2月時点見積もりより拡大した のは同年の予想以上のマイナス成長と税収低下、地方政府と社会保障 基金、公立病院の財政悪化が原因だと説明した。

ギリシャ政府は歳出削減と資産売却で15年の財政赤字をGDP 比1%未満とすることを目指している。EUとIMFの救済条件は14 年までに3%未満とすることを求めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE