コンテンツにスキップする

米新築住宅販売:3月は年率30万戸に増加、価格は下落

3月の米新築住宅販売は、過去 最低だった前月から増加した。

米商務省が25日発表した3月の新築一戸建て住宅販売(季節調 整済み、年率換算)は前月比11.1%増加の30万戸となった。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は28万 戸だった。前月は27万戸(速報は25万戸)に修正された。

3月の新築住宅の中間価格は前年比で4.9%下落し、21万 3800ドル。

地域別では全米4地域のうち3地域で販売が増加した。特に北東 部では67%急増。前月は54%の減少だった。南部では前月比ほぼ 変わらずの年率16万2000戸(前月16万3000戸)。

販売に対する在庫比率は7.3カ月と、先月の8.2カ月から低 下した。市場にある新築住宅の在庫は3月末時点で18万3000戸と、 1967年8月以来の最少。住宅建設が減少していることが示唆された。

RBSセキュリティーズのエコノミスト、オメア・シャリフ氏は、 「2月からは回復したが、要するに住宅市場は底ばいの傾向が続いて いる」と指摘。「建設業者が在庫削減に貢献する格好となっているが、 問題なのは彼らが差し押さえ物件との競合や高失業率、価格の下落に 直面していることだ」と述べた。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE