コンテンツにスキップする

米ジョンソン・コントロールズ:4-6月見通し引き下げ、大震災で

米自動車部品最大手のジョンソ ン・コントロールズは、東日本大震災の影響で4-6月(第3四半期) の1株当たり利益が最大18セント、売上高は約5億ドルそれぞれ目減 りするとの見通しを示した。

ジョンソン・コントロールズは25日、4-6月の1株当たり利益 が51-53セントになるとの見通しを発表した。ブルームバーグがま とめたアナリスト21人の予想平均は67セントだった。

同社によれば、大震災後の生産障害による7-9月(第4四半期) 業績への影響はなく、売上高と利益は10月から3月にかけて回復する 見込みという。さらに、建築物のエネルギー効率を手掛ける部門の伸 びが予想を上回るとし、通期の売上高見通しを10億ドル引き上げ、 395億ドルとした。

1-3月(第2四半期)決算は、一部項目を除いた1株当たり利 益が56セントと、アナリスト予想と一致。売上高は前年同期比 22%増加の101億ドル。アナリストの予想平均は93億5000万ド ルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE