コンテンツにスキップする

S&P:トヨタなど自動車・部品メーカーのアウトルックをネガティブに

スタンダード&プアーズ・レーティ ングズ・サービシズ(S&P)は25日、「東日本大震災後の部品不足に よる減産が長期化し、2012年3月期の業績が悪化する可能性が高まって いる」として、トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの自動車3社と、デ ンソー、トヨタ自動織機、アイシン精機の部品メーカー3社の長期格付 けアウトルックを安定的からネガティブに変更した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE