コンテンツにスキップする

今日の国内市況:日本株は小安い、債券反落-円下落、ドル安は一服

東京株式相場は小幅安。トヨタ自 動車の生産正常化がことし11-12月になる見通しとなり、サプライチ ェーンの深刻な状況があらためて嫌気され、輸送用機器株が下げた。自 動車と密接なゴム製品株は東証1部の下落率1位。中国の金融引き締め 懸念から、商社など資源関連株も軟調。

TOPIXの終値は前週末比1.50ポイント(0.2%)安の

840.68と4営業日ぶりに反落し、日経平均株価は10円25銭(0.1%) 安の9671円96銭と続落。米国の金融政策動向や、国内で本格化して きた決算発表の行方を確認したいとして、東証1部の売買代金はことし 初めて1兆円の大台を割り込んだ。

東日本大震災を受け、国内外の工場で生産調整しているトヨタ自動 車は22日、おおむね11-12月ごろに生産正常化の見込みであること を明らかにした。地域や車種によりばらつきはあるが、国内は7月ごろ から、海外では8月ごろから、順次生産を回復させる方針。

シティグループ証券では、稼働が正常化する今後半年間に世界販売 の大幅減少などネガティブなニュースが先行するだろう、と指摘。きょ う午後1時30分に公表された3月の国内生産台数は、前年比63%減 だった。同証では自動車部品株について、トヨタの正常化時期が示され た点はプラスとしながらも、その時期は市場の期待値よりやや遅い印象 との見方を示している。

また、先週末の欧米市場が休場だったことに加え、27日の米連邦 公開市場委員会(FOMC)後の声明やバーナンキ連邦準備制度理事会 (FRB)議長の会見を控え、様子見ムードも強かった。

FOMC後のマネーの流れを確認したいとの姿勢に加え、金融引き 締め懸念を背景とした中国・上海総合指数の下落が嫌気され、輸送用機 器やゴム製品など輸出関連の一角だけでなく、商社や鉱業など資源関連 株も安かった。

米金融政策を受けて相場の方向性が決まるころには、国内は大型連 休が接近し、今週28日は決算発表の最初のピークに当たる。市場参加 者の売買見送りムードを反映し、東証1部の売買代金は概算で9079億 円と、昨年12月29日以来の低水準。売買高は14億6194万株、値上 がり銘柄数は677、値下がり802。

一方、東京電力向け融資に対する不透明感が後退し、三菱UFJフ ィナンシャル・グループなど銀行株は上昇。不動産株も高く、年後半以 降の物流環境の改善期待、前期利益の改善観測が出た海運株も買われ、 株価指数の下げは限定的だった。

債券相場は反落

債券相場は反落。前週末に3週間ぶり高値圏に到達した先物中心に 売りが優勢となった。米連邦公開市場委員会(FOMC)など注目材料 を控えて、投資家の現物買いが一服したもようで、中期から超長期まで 幅広い年限で金利がやや上昇した。

東京先物市場の中心限月の6月物は前週末比3銭高い139円78銭 で開始。直後にこの日の高値となる139円79銭を付けたものの、すぐ に売りが優勢となって、日中は139円70銭付近での小幅マイナス圏で の推移が続いた。引けにかけて売りが膨らむと、結局は12銭安の139 円63銭で週初の取引を終えた。

先物6月物は8日の日中取引で138円38銭の安値を付けたが、そ の後に投資家の現物買いが膨らむとじり高に推移して、前週末には139 円82銭まで上昇するなど約3週間ぶり高値圏で取引された。

22日の欧米市場がグッドフライデー(聖金曜日)の祝日で休場だ ったため、今週前半は投資家の買いの持続性に注目が集まり、大型連休 前に投資家から駆け込み的な買いが入るようだと前週末の堅調地合いを 引き継ぐとの見方もあった。

ただ、先物6月物は20日の前日比横ばいを挟んで、前週末まで7 営業日続伸した反動が広がり、午前には日経平均株価が反発したことも あって売りが優勢の展開だった。

今週は日米両国で注目イベントが目白押し。米国では26、27日の 日程でFOMCが開催されるほか、2年、5年、7年債と中期ゾーンの 米国債入札が続く。一方、国内では28日に鉱工業生産指数をはじめ3 月分の経済指標発表が集中するほか、日本銀行が「経済・物価情勢の展 望」(展望リポート)を公表する。

現物市場で長期金利の指標とされる新発10年物の313回債は、前 週末比1.5ベーシスポイント(bp)高い1.225%で始まり、しばらく 同水準での小動きが続いた。午後に入って買いが先行すると1.215% まで上昇幅を縮めたが、その後は再び1.225%に戻している。

米国の金利低下やドル安・円高基調などを背景に、前週には投資家 による買いが膨らんで金利水準が押し下げられたものの、3月17日以 来の1.2%割れが近づいたことで売りがやや優勢の展開。

円が下落

東京外国為替市場では円が下落。国内輸入企業の円売り需要が指摘 されたほか、商品相場の上昇を背景に資源国通貨などに対して円を売る 動きが先行した。

ドル・円相場は1ドル=81円台後半から一時、82円43銭までド ル高・円安が進行。ただ、あすから始まる米連邦公開市場委員会(FO MC)を前に、さらにドルを買う動きは見られず、午後にかけては82 円台前半までドルが伸び悩む展開となった。

ブルームバーグ・データによると、円はすべての主要通貨に対して 前週末の終値比で下落。市場では、輸入企業の円売り需要に加えて、投 信設定に絡んだ外貨買い・円売りを指摘する声が聞かれた。

一方、ユーロ・ドル相場は朝方に1ユーロ=1.46ドル台を2営業 日ぶりに回復すると一時、1.4606ドルまでユーロ高・ドル安が進行。 しかし、その後はドルが下げ渋り、一時は1.45ドル台前半まで値を戻 す場面も見られた。

25日の金現物相場は上昇し、過去最高値を更新。銀現物相場も9 営業日続伸し、過去最高値を塗り替えた。

また、ニューヨーク原油先物相場は同日の時間外取引で2週間ぶり の高値に上昇。中東・北アフリカの抗争が激化し供給途絶が長引くとの 懸念が強まっていることが背景だった。

商品高が進むなか、外国為替市場では資源国通貨を買う動きが先行 し、オーストラリア・ドルは対円で1豪ドル=88円台後半から一時、 88円台半ばまで上昇。対米ドルでは一時、過去最高値となる1豪ドル ==1.0776米ドルを付ける場面が見られた。もっとも、その後は豪ド ルが伸び悩み、午後にかけてはもみ合う展開となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE