コンテンツにスキップする

任天堂:今期純利益42%増、市場予想には届かず-来年Wii後継

任天堂が25日発表した今期(2012 年3月期)連結純利益予想は、前期比42%増の1100億円となった。 2月末に発売した携帯ゲーム最新作「ニンテンドー3DS」の販売本 格化で3年ぶり増益を図るが、市場予想は下回った。また、据え置き 型の「Wii(ウィー)」の後継機を来年に投入すると発表した。

ブルームバーグ・データによるアナリスト9人の今期純利益の予 想平均は1438億円。会社側の営業利益予想も同2.3%増の1750億円 と、市場予想の2225億円に届いていない。

前期の3DS世界販売は361万台と目標の400万台を下回った。 内訳は国内106万台、欧米255万台。岩田聡社長は25日の大阪市で の会見で、海外の販売動向は想定通り好調だったとした上で、中国な ど新興国でも「準備ができ次第、できれば今年中にも発売したい」と 語った。今期の販売計画は1600万台。

東海東京調査センターの角田佑介アナリストは、会社側の今期利 益見通しがアナリスト予想を下回ったことで「市場の反応はネガティ ブだろう」とコメント。任天堂の利益予想は後継機の発売を控え、現 行のWiiの値下げを想定したものではないか、との見方を示した。

3Dは「軸にはしにくい」

岩田氏はWii新機種発売が来年4月以降としたうえで「家庭で のゲーム機の新しい提案をしたい」と強調。携帯型のような3D機能 搭載の有無については「3Dのテレビがそれほど普及していないこと を考えると、軸にはしにくい」と語った。

ソフトの今期販売では、3DSについては人気作投入などで同

6.6倍の6200万本を見込むが、既存のDS向けは同45%減の6700万 本と予測している。Wii向けは同30%減の1億2000万本と予想。

今期の想定レートは1ドル=83円と、1ユーロ=120円。配当は 今期の中間60円と期末400円の計460円と、年間10円の増配を計画 している。

--取材協力:Pavel Alpeyev Editor: Tetsuki Murotani

Tetsuzo Ushiroyama Norihiko Kosaka

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 駅 義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 大阪 堀江政嗣   Masatsugu Horie +81-3-3201-2741 mhorie3@bloomberg.ne 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

種類別ニュース NI GAMES NI TEC NI WRLS NI RET NI CONS NI COS NI KIGYO NI ELE NI MED NI JAPAN NI ASIA NI FRX NI INTERNET

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE