コンテンツにスキップする

リケンテク株が急騰、前期収益が上振れで-1年3カ月ぶりの上昇率

塩ビ素材メーカーのリケンテクノ ス株が急騰し、約1年3カ月ぶりの日中上昇率を記録した。同社はき ょう午後2時20分、前期(2011年3月期)の連結純利益が会社計画 を大きく上回ったと発表しており、足元の収益改善を評価する買いが 優勢となった。

この日は午前10時ごろから上昇基調を強め、午前の取引で一時前 週末比14%高の263円と2010年1月26日(19%高)以来の日中上昇 率を記録した。午後の取引もきょうの高値圏で推移した。終値は13% 高の259円。

会社側が示した前期決算速報によると、連結純利益は前の期に比 べ48%増の20億円となったもようで、従来計画を33%上回った。中 国やインドなど新興国の経済成長を受けて売上高が伸び、期初から取 り組んできた生産性の改善努力も寄与した。また、繰り延べ税金資産 や法人税等調整額の追加計上なども利益の上乗せ要因という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE