コンテンツにスキップする

財務相:外為特会の積立金取り崩しは慎重に考える必要-国会答弁

野田佳彦財務相は25日午前の参院 決算委員会で、外国為替資金特別会計について、積立金は財政投融資 に預託していることから、「積立金を取り崩せば同じ額の財投債を発行 して調達しなければならない。国債発行と同じことになる」と指摘。 その上で、外為特会や国債整理基金特別会計など市場に関係のある特 会の積立金の取り扱いは慎重に考えるべきだとの認識を示した。又市 征治氏(社民)に対する答弁。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE