コンテンツにスキップする

カダフィ大佐がNATO空爆の標的に、オフィス破壊-アルアラビーヤ

リビアのカダフィ大佐が25日の北大 西洋条約機構(NATO)軍の空爆の標的となり、首都トリポリのバー ブアジジヤ地区にある大佐のオフィスが破壊された、と衛星テレビ、ア ルアラビーヤが伝えた。匿名のリビア当局者を引用している。

カタールの衛星テレビ局アルジャジーラによると、空爆で3人が死 亡した。リビア政府スポークスマンを引用して伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE