コンテンツにスキップする

NY原油先物時間外:上昇-中東懸念で一時0.7%高

ニューヨーク原油先物相場は25 日の時間外取引で上昇し、昨年12月以来の長期連続高となっている。 中東・北アフリカの抗争が激化し供給途絶が長引くとの懸念が強まって いる。

原油先物相場は一時0.7%上昇。シリアでは治安部隊が少なくとも 200人を拘束し、イエメンでも政情不安が終わる兆しは見えない。マケ イン米上院議員は、リビアのカダフィ大佐の勢力を倒すには一層の支援 が必要だと言明。世界最大の原油埋蔵量を持つサウジアラビアの石油当 局者は、生産能力を引き上げる計画はないと述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物6月限は一時、 78セント高の1バレル=113.07ドルと、11日以来の高値となった。 11日には2008年9月以来の高値113.46ドルを付けた。シンガポール 時間午後3時8分(日本時間同4時8分)現在、112.72ドルで推移し ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE