コンテンツにスキップする

東電:福島第一原発の地下に壁の設置を検討-放射能汚染水拡散防止で

東京電力は福島第一原子力発電所で 放射能汚染水の拡散を防ぐため地下に壁を埋めることを検討している。 同社広報担当の原田知行氏が23日、明らかにした。現段階では詳細は決 まっていないとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE