コンテンツにスキップする

米ゴールドマン:香港で売買停止のワラント、割増価格で買い戻しへ

米ゴールドマン・サックス・グル ープは21日、決済形式に関する印刷ミスがあったため香港で取引停止 となったワラントを割増価格で買い戻すと発表した。

ゴールドマンが香港証券取引所に提出した資料によれば、同社は 純購入価格総額などの110%をワラント保有者に支払う。また買い戻し に合意した投資家に事務手数料5000香港ドル(約5万2700円)も支 払う。

買い戻し価格は、コールワラントについては3月31日から4月21 日までの毎営業日の指数の高値、プットワラントについては安値に基 づき算出したという。

ゴールドマンは今月7日、日経平均株価に連動するワラントにつ いて監督当局と協議していると発表。このワラントは3月31日に香港 で取引が停止となっていた。

香港紙、信報財経新聞は4月19日、香港取引所の李小加最高経営 責任者(CEO)がワラント契約の修正に伴い投資家に補償する責任 があるだろうと述べたと報じていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE