コンテンツにスキップする

安川電株が急反発、部品調達対策進み業績不透明感後退-CS証格上げ

サーボモーターなどを手掛ける安 川電機株が一時、前日比6.4%高の918円と急反発。東日本大震災の影 響でサプライチェーンが寸断されるなか、同社は部品調達対策が進んで いるとの指摘があり、業績不透明感が後退した。

クレディ・スイス証券の黒田真路アナリストは、「部品調達の懸念 は残る」としながらも、代替部品への変更や調達先の変更などが想定よ りも進んでいることを21日のアナリスト向け説明会で確認。「震災後 の受注も予想以上に強い」印象を受けたといい、投資判断を「中立」か ら「アウトパフォーム」に引き上げた。目標株価は950円で据え置き。

安川電が20日に発表した前期決算短信では、震災の影響で合理的 な算定が困難との理由から今期(2012年3月期)の業績予想の公表が 見送られた。これを受けて業績不透明感が台頭し、同社株は21日の取 引で一時前日比2.9%安の857円まで下げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE