コンテンツにスキップする

野田財務相:復興財源の話はこれからゆっくりやる-第2次補正

野田佳彦財務相は22日午前の閣 議後会見で、4兆円規模の2011年度第1次補正予算案の概算を決定し たことを受け、「被災地の復旧・復興に向けた第一歩となる。速やか に成立させることを最優先したい」と語った。その上で、第2次補正 予算以降の財源問題については「復興財源の話はこれからゆっくりや る」と述べるにとどめた。

一方で、経済協力開発機構(OECD)が対日審査報告書で、基 礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化達成には消費税率の 20%への引き上げが必要との考えを示したことに対し、「1つの考え 方だ。国際機関や市場が中期的な財政健全化計画を基に歳出・歳入の 改革を行うという観点から見ていることを、気をつけながら対応しな ければならない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE