コンテンツにスキップする

KOA株が3週ぶり高値、前期決算上振れと増配-自動車向け好調

抵抗器に強みを持つ電機メーカー のKOAの株価が3日続伸し、約3週間ぶりの高水準。21日公表の前 期(2011年3月期)決算が会社側の従来計画を上回ったことや、増配 などが好感された。

株価は一時、前日比4%高の910円まで上昇し、1日以来の高値に 回復した。

会社側が21日の取引終了後に示した前期決算によると、本業のも うけを示す連結営業利益は前の期比2.3倍の45億円で、計画の43億円 を5.4%上回った。自動車関連や産業機器向けの需要が回復し、連結売 上高は前の期比20%増の436億円に増大した。年間配当は従来予想よ り2円多い18円と、前の期から7円増配する。前日終値で計算した配 当利回りは2.1%。

KOAは、東日本大震災で先が見通せない状況になっているとし、 今期(12年3月期)の業績見通しとしては、4-6月(第1四半期) のみを公表した。4-6月の連結営業利益は前年同期比30%減の8億 9000万円を見込む。想定為替レートを1ドル=85円と設定、原材料価 格の上昇や為替変動などの懸念材料があるとした。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は21日付で、同社株の投資判 断「アウトパフォーム」と目標株価1180円を継続した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE