コンテンツにスキップする

米シティ:10対1の株式併合や1株1セントの復配を承認-株主総会

資産規模で米銀3位シティグルー プの投資家は21日、株式併合や復配を承認した。ビクラム・パンディ ット最高経営責任者(CEO)はこれにより同行株を購入する投資家が 増えるとみている。

パンディットCEOは、ニューヨークのヒルトン・ホテルで開か れた年次株主総会で、「これらの措置は潜在的な投資家を呼び込むのに 役立つ」と説明。「機関投資家の一部は1株10ドルや5ドル未満の株 式や、無配の株式を買わない」と指摘した。

株主総会では株主併合や配当のほか、取締役候補が承認された一 方、差し押さえ業務の社内統制を独立機関が見直す案などの株主提案は 否決された。

出席した投資家からは、株式併合や配当ではなく自社株買いを実 施して株価をテコ入れするよう求める声も上がった。株価は年初からほ ぼ5%下落している。

シティは5月6日の取引終了時に普通株10株を新たな普通株1株 に転換するほか、4-6月(第2四半期)に1株1セントの配当を開始 する計画。

同行の株価は金融危機下で約1ドルまで下落。経営維持に苦戦す る中、配当を取りやめていた。21日の終値は前日比2セント安の4.55 ドル。

-- Editors: Rick Green, William Ahearn

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Donal Griffin in New York at +1-212-617-8755 or dgriffin10@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Rick Green at +1-212-617-5804 or rgreen18@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE