コンテンツにスキップする

NY原油(21日):3日続伸、予想上回る決算で需要増を楽観

ニューヨーク原油先物相場は3日 続伸。予想を上回る決算を背景に景気回復への信頼感が強まり、燃料 需要が増加することが示された。

原油先物相場は0.8%高。米アップルが20日発表した1-3月(第 2四半期)決算で利益がほぼ2倍に拡大したことを受け、世界の株式 相場は前日の年初来最大の上げの後で続伸した。ドルは対ユーロで1 年4カ月ぶりの安値となり、原材料への需要を高めた。米原油供給が 2月以来の減少となったとの20日の報告も原油相場を押し上げた。

コンサルティング会社、プレステージ・エコノミクス(テキサス 州オースティン)のジェイソン・シェンカー社長は「連休に入る中で、 強気の材料が出ている」と述べ、「ドルは引き続き弱含んでおり、前日 の報告は石油相場全般にとって好材料となった。全般的な経済見通し も改善しつつある」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物6月限は前日 比84セント高の1バレル=112.29ドルで終えた。終値としては8日 以来の高値。この1年では34%上昇している。今週の上昇率は1.9%。 NYMEXの取引は22日、ICEフューチャーズ・ヨーロッパととも に、イースター(復活祭)の祝日のため休場となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE