コンテンツにスキップする

3キロ圏内4カ所で毎時100マイクロシーベルト超、一時帰宅前に測定

東京電力の福島第一原子力発電所か ら3キロメートル圏内の4カ所で毎時100マイクロシーベルトを測定 した、と文部科学省が21日発表した。20キロメートル圏内で測定した 空間放射線量を発表するのは初めて。

文科省原子力安全対策本部の奥博貴広報官は「避難民の一時帰宅と 警戒区域の指定の参考にするため測定した」と説明した。

福島第一原発から20キロメートル圏内で3月30日から4月2日ま で50地点、18、19日には150地点で測定した。100マイクロシーベル トを超えたのは大熊町夫沢地区の4カ所。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE