コンテンツにスキップする

ギリシャの債務再編の欧州銀行への影響は最大4.9兆円-ゴールドマン

ギリシャが債務を再編した場合の 欧州の銀行への影響は、最大で410億ユーロ(約4兆9000億円)と、 ゴールドマン・サックス・グループのアナリストらが試算した。ギリ シャの銀行が資金を欧州中央銀行(ECB)に頼っていることから、 ギリシャ以外の銀行への波及が抑えられるとアナリストらは指摘して いる。

ジャーネジ・オマヘン氏らの21日の調査リポートによると、ギリ シャ債で20-60%の債務減免が求められた場合、欧州の銀行の損失は 130億-410億ユーロとなる公算。これは業界全体の中核的自己資本 (Tier1)の1-3%で「業界の累積として見て、大きな規模で はない」とアナリストらは指摘した。

リファイナンスオペでギリシャの銀行に910億ユーロ、ポルトガ ルとアイルランドの銀行に1530億ユーロを供給したことによって、E CBは「『中核』国の銀行を事実上、周辺国から隔離した」とリポート は説明。「この結果、ギリシャが今、債務再編をした場合、その影響は 例えば1年前に比べ穏やかだろう」と続けた。

市場ではギリシャの債務再編観測が根強いが、ギリシャ政府は、 再編は同国の銀行に壊滅的打撃を与えるだろうとしてその可能性を排 除している。ゴールドマンの試算によれば、ギリシャ国債の60%の債 務減免により、同国銀行のTier1資本は最大80%が失われる。

-Editors: James Hertling, Jeffrey Donovan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事についての記者への問い合わせ先: Boris Groendahl in Vienna, +43-1-513-2660-12 or bgroendahl@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Angela Cullen at +49-69-92041-158 or acullen8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE