コンテンツにスキップする

英でも放射能漏れや冷却機能停止、原子力施設で相次ぐ-ガーディアン

【記者:内田良治】

4月21日(ブルームバーグ):英国の原子力施設3カ所で今年2月、 放射性廃棄物漏れと緊急冷却システムの機能停止が相次いで発生し、 原子力規制局(ONR)が調査していることが明らかになった。英紙 ガーディアンがリークされた報告書を入手した。

報告書によれば、イングランド北西部カンブリア州のセラフィー ルド原子力施設で、古い換気ダクトから法定基準の5倍のプルトニウ ムを含む「茶色の濁り水」が漏れた。また、スコットランドのエディ ンバラ近くに位置するトーネス原子力発電所では、地下水が配管から 漏れた放射性トリチウムによって汚染された。さらにイングランド北 東部沿岸のハートルプール原発では、バルブの欠陥でバックアップ冷 却システムが作動しなかった。

旧ソ連のチェルノブイリ原発事故を受けてまとめられた安全指針 に基づき、いずれも閣僚への報告義務がある深刻な事故と認定された。

原題:U.K Had Three Nuclear Incidents in February: Guardian Link (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE