コンテンツにスキップする

米損保業界の販売:4年ぶり増加-保険料率引き上げ、景気回復が寄与

米国の損害保険業界の販売が昨年、 4年ぶりに増加したことが分かった。保険料率の引き上げに加え、 景気回復を受けて個人と法人が共に保険契約の対象範囲を広げたこと が背景にある。

米保険情報協会が20日発表した資料によれば、2010年の保険販 売は前年比0.9%増の4221億ドル(約34兆6000億円)と、06年 以来の増加。この年は前年比4%余り増加の約4440億ドルだった。 09年は4184億ドル。

自動車・住宅保険で米最大の上場会社オールステートは昨年、自 然災害に伴うコスト増を理由に住宅保険の料率を引き上げた。損保の トラベラーズは、10年10-12月(第4四半期)に法人からの保険需 要が08年以降初めて増えたことを明らかにしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE