コンテンツにスキップする

英BPがトランスオーシャンを提訴-メキシコ湾原油流出事故で

英石油会社BPは20日、メキシ コ湾でちょうど1年前に爆発したリグ(石油掘削施設)「ディープウォ ーター・ホライズン」を所有・操業していたトランスオーシャンに事 故の責任があるとして、同社をニューオーリンズの米連邦地裁に提訴 した。原油流出に絡んだ数十億ドルの損害補償を求めている。

訴状によると、BPでは原油流出事故に関連してすでに177億ド ル(約1兆4600億円)のコストが発生しており、昨年には税引き前 で409億ドルの費用を計上した。同社は、トランスオーシャンの「不 始末」がなければ、事故は起きなかったと主張している。

BPは訴状で「2010年4月20日にディープウォーター・ホライ ズンでありとあらゆる安全システム・装置が稼働せず、十分な管理手 続きがうまくいかず、大惨事が引き起こされた。それが単純な事実だ」 と強調した。

BPは、スイスに本社を置くトランスオーシャンがリグの十分な 管理やエンジンの問題への早期対応、職員の訓練を怠ったことなどで 契約上の義務に違反したと主張している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE