コンテンツにスキップする

シミック株が3連騰、CRO売上増で利益上振れ-復興需要期待も

製薬会社などの医薬品開発のサポ ート業務を手掛けるシミック株が一時、前日比7.7%高の1410円と3 連騰。製薬企業の医薬品開発支援(CRO)事業などの売り上げが順 調に伸び、2010年10月-11年3月(上期)の利益が従来予想を上回 ったもようと20日に発表した。中期的には、東日本大震災に伴う医薬 品製造支援(CMO)事業の拡大期待も出ている。

同社が前日発表した業績予想修正によると、第2四半期連結営業 利益は前年同期比7%増の22億円になったもよう。従来予想は13億 5000万円で、減益予想が一転して増益となる。CRO事業を中心とし た売り上げの伸びが、製薬企業の営業・マーケティング支援(CSO) 事業のプロジェクト開始延期のマイナスの影響を補った。

シミックでは、東北地方の治験施設支援機関(SMO)事業が被 災するなど震災の影響を受けており、11年9月期業績予想については 現在精査中とし、5月6日の決算発表時に公表する予定。

野村証券の曽田大地アナリストは20日付の投資家向けコメント で、通期営業利益計画の35億5000万円は据え置かれると予想。一方 で、中期業績上振れの可能性として、「東日本大震災によって被災した 医薬品工場から新たに生産を受託する可能性に注目している」と指摘。 投資判断の「買い」を確認した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE