コンテンツにスキップする

キヤノン電株が急反落、第1四半期営業利益28%減-通期予想も減額

カメラシャッターなどキヤノン受託 品やドキュメントスキャナーが主力のキヤノン電子株が一時、前日 比6.8%安の1967円と急反落。3月17日以来、約1カ月ぶりに2000円を 割り込んだ。1-3月(第1四半期)の連結営業利益は前年同期比28% 減の23億円だった、と20日に発表。コンポーネント部門でレーザースキ ャナーユニットの販売数量が減少、電子情報機器部門ではレーザープリ ンターの低調などが響いた。11年12月通期の営業利益予想を、従来 の153億円から前期比30%減の108億円に下方修正した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE