コンテンツにスキップする

日本株続伸、米好決算続き電機など景気敏感業種買い-鉱業や鉄鋼も

東京株式相場は続伸。米国で良好 な四半期決算の発表が相次いでおり、電機や輸送用機器など世界景気 に敏感な業種が買われた。原油など商品市況高を好感し、鉱業が東証 1部33業種の上昇率トップとなるなど資源関連株も高い。JFEホー ルディングスを中心に、鉄鋼株は午後の取引で上げ幅を広げた。

TOPIXの終値は前日比4.55ポイント(0.5%)高の841.72、 日経平均株価は78円95銭(0.8%)高の9685円77銭。

みずほ投信投資顧問の有村秀夫シニア・ファンドマネジャーは、 「原油高によるコスト負担の増加や需要の弱まりなどが逆風になると して、米国の企業決算には慎重な見方が事前に広がっていた」と指摘。 しかし、インテルの好決算をきっかけに、「過度の懸念が和らいでいる」 と話していた。

米国では、世界最大の半導体メーカー、インテルが19日に好業績 を発表したのに続き、20日も良好な決算が相次いだ。複合企業ユナイ テッド・テクノロジーズは、エアコン部門キャリアなど5部門すべて で収入が増加しているとし、11年の売上高見通しの下限を引き上げた。 業績関連の好材料に加え、3月の中古住宅販売件数がエコノミスト予 想を上回ったこともあり、20日のS&P500種株価指数は前日比1.4% 高と続伸した。

アップルは時間外で上昇

日本時間21日早朝には、米コンピューター・電子機器メーカー、 アップルが1-3月(第2四半期)決算を発表。純利益は前年同期比 でほぼ2倍の59億9000万ドル(約4900億円)となった。多機能携帯 電話「iPhone(アイフォーン)」を、携帯電話サービス会社ベラ イゾン・ワイヤレスが新たに取り扱いを開始し、需要が伸びた。

また、携帯電話向け半導体最大手の米クアルコムの1-3月(第 2四半期)決算も、利益がアナリスト予想を上回った。アップルとク アルコムの株価は決算発表後の時間外取引で一段高。米シカゴ24時間 取引のGLOBEXでも、S&P500種先物が基準値比で上昇した。

一方、20日のニューヨーク原油先物相場は、前日比2.9%高の1 バレル=111.45ドルと続伸。米国株の上昇で、景気回復への楽観的な 見方が広がったほか、ドルの下落も商品投資を促した。いちよし投資 顧問の秋野充成運用部長は、米株高、商品市況高から「投資家がリス クテークに向かっているのが読み取れる」と言う。投資家のリスク許 容度を示す指標の米シカゴ・オプション市場のボラティリティ指数(V IX)は、20日に15.07と2007年7月以来の低水準になった。

米景気の回復期待が高まる中、この日の日本株市場では輸出関連 を中心に世界景気に敏感な業種、銘柄が買われ、日立製作所や日産自 動車、ソニー、東京エレクトロンが上昇。被災したグループの製造7 工場が、20日までに生産能力が100%復旧した富士通も高い。商品市 況高による収益押し上げ期待から、国際石油開発帝石や石油資源開発、 三菱商事など資源関連株も買い優勢だった。

JFEHDが決算後急伸

JFEHDは午後2時に11年3月期の連結決算を発表。純利益は 前期比28%増の586億円を確保したが、1-3月(第4四半期)につ いては、震災に伴う工場被災などで特別損失が発生し、59億円の赤字 と前年同期の470億円の黒字から悪化した。また、12年3月期予想に ついては未定。同社株は決算発表受け急伸し、3.5%高で終了。新日本 製鉄や住友金属工業も連動して上げた。

JFEHD株について、みずほ投信の有村氏は「震災の影響など で、当面の業績が不透明なのは分かっていた。会社発表をきっかけに 株価純資産倍率(PBR)1倍割れに着目した買いが入った」とみる。

上値重い

日経平均は午後半ばに上げ幅を118円まで広げる場面があったが、 終盤は伸び悩むなど、上値の重さも垣間見えた。震災による国内企業 業績への悪影響が根強く警戒されており、電力・ガスや保険、陸運、 銀行、小売など内需関連株は終日軟調な値動きだった。

大和証券投資情報部の西村由美次長によると、ひと足早く発表が 本格化している米企業決算は好調だが、「震災の影響などで日本の企業 業績に対する警戒感は強い」という。これから5月にかけての国内企 業の決算を一つ一つ見極めたいとの投資家心理が働き、「積極的な買い は入らず、上値では戻り売りが出やすい」としていた。

東証1部の売買高は概算で16億8307万株、売買代金は同1兆 1381億円。値上がり銘柄数は812、値下がり700。業種別33指数は鉱 業、鉄鋼、海運、卸売、その他金融、電機、輸送用機器、非鉄金属、 精密機器、ガラス・土石製品など25業種が上げ、電気・ガス、陸運、 保険、銀行、小売など8業種が安い。国内新興市場は、ジャスダック 指数が前日比0.7%高の50.87と小幅に続伸。東証マザーズ指数は同

0.7%高の446.22と7日続伸。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE