コンテンツにスキップする

香港株(終了):ハンセン指数、反発-ペトロチャイナが高い

更新日時

香港株式市場で、ハンセン指数は 反発。前日は北朝鮮の金正日総書記の死去が地域の不安定化につなが るとの懸念を背景に下落していた。住宅販売減少が響き、中国の不動 産株は安くなった。

香港に拠点を置くアパレルメーカーの漢登集団(448 HK)は56% 高。買収提案を受けたことで買われた。原油高に伴いペトロチャイナ (中国石油、857 HK)は1.5%高。ギリシャでコンテナ施設を運営す る中遠太平洋(コスコ・パシフィック、1199 HK)も高い。

中国政府系の不動産開発会社、中国海外発展(688 HK)は3.5% 安。同業のチャイナ・リソーシズランド(華潤置地、1109 HK)も値下 がりした。中国最大の不動産ウェブサイトを運営する捜房網によると、 今月12-18日に本土35都市のうち29都市で住宅取引が減少した。

ハンセン指数は前日比9.99ポイント(0.1%)高の18080.20で終 了。構成48銘柄の値上がりと値下がりの比率は約4対5。ハンセン中 国企業株(H株)指数は同0.1%高の9740.01。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「金 総書記の死による前日のパニックの後、市場のセンチメントが安定し たことで株価はやや回復している」と指摘、「今のところ暴動や不安定 さは表面化していない」と付け加えた。

-- Editor: John McCluskey, Jason Clenfield.

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor: 記事に関する記者への問い合わせ先: Kana Nishizawa in Hong Kong at +852-2977-4627 or knishizawa5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nick Gentle at +852-2977-6545 or ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE