コンテンツにスキップする

NY外為:ドル下落、1年4カ月ぶり安値-株高で逃避需要が減退

ニューヨーク外国為替市場では、 ドルが主要通貨に対して1年4カ月ぶりの安値に下落。企業決算を材 料に株が上昇し、逃避先としてのドル需要が後退した。

ユーロは対ドルで1月以来最大の上昇率を記録した。スペイン の国債入札で需要が拡大し、欧州中央銀行(ECB)が追加利上げを 実施するとの観測が強まった。円は主要通貨の大半に対して下落。東 日本大震災の影響で日本の輸出が減少したのが嫌気された。オースト ラリア・ドルは対米ドルで過去最高値、カナダ・ドルも3年ぶり高値 に上昇した。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替ストラテジスト、マー ク・マコーミック氏は、「市場参加者は今、ドルを保有することに何 の価値も見いだしていない」と述べ、「誰もがECBの利上げ見通し に焦点を絞っている。これはおおむね、高利回り通貨への需要を裏付 けている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要6通貨に対するインターコ ンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は0.9%下げて74.342。 前日は75.029だった。一時は74.272と、2009年12月以来の低 水準まで落ち込んだ。

主要通貨のうち、スウェーデン・クローナがオーストラリア・ ドルに次いで2番目に対ドルでの値上がりが大きかった。スウェーデ ンの中銀が政策金利を0.25ポイント引き上げて1.75%に設定した のが買いを誘った。クローナはこの日、対米ドルで最大1.8%上昇 し、2008年8月以来の高値をつけた。

円は対ユーロで1.3%下げて、1ユーロ=119円90銭。前日 は118円39銭だった。円は1ドル=82円56銭。

日本の輸出

財務省が発表した3月の貿易統計速報(通関ベース)によると、 輸出額は前年同月比2.2%減だった。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト予想では1.1%減だった。この結果、貿易黒 字額(原数値)は1965億円の黒字となった。前月は6533億円だっ た。

ユーロは対ドルで1.3%上昇して、1ユーロ=1.4523ドル。 前日は1.4335ドル。一時は1.4548ドルと、2010年1月以来の高 値に上げた。

スペインでの入札

スペイン政府によると、10年債24億9000万ユーロの平均落 札利回りは5.472%。前回の3月17日の入札では5.162%だった。 8億8500万ユーロの13年債(2024年1月31日償還)の利回り は5.667%。

10年債の応札倍率は2.1倍と、前回の1.81倍を上回った。 13年債も2.27倍の需要があった。この日の発行予定最高額は計35 億ユーロだった。

ECBは今月7日、政策金利を0.25ポイント上げて1.25%に 設定した。これに対し、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値によると、米国は2012年第1四半期まで利上げ はないと見られている。

オーストラリア・ドルは対米ドルで一時1.8%高と、変動相場 制に移行した1983年以来の最高値を記録した。輸出物価指数がエコ ノミスト予想を上回ったのが背景。

カナダ・ドルも最大0.7%上昇、2007年11月以来の高値を付 けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE