コンテンツにスキップする

欧州株:1カ月ぶり大幅高-好調業績でプジョーやロレアルが高い

欧州株式相場は1カ月ぶり大幅 高。インテルやPSAプジョー・シトロエン、ロレアルの業績発表を 受け、景気回復への期待が高まった。

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングは

5.3%上昇。米半導体メーカー、インテルの1-3月(第1四半期) 利益が予想を上回ったほか、4-6月(第2四半期)の売上高が 128億ドルになるとの見通しが好感された。仏自動車メーカーのプ ジョーと仏化粧品メーカー、ロレアルも買われた。両社の売上高がい ずれもアナリストの予想平均を上回ったことが買いを誘った。

ストックス欧州600指数は前日比1.7%高の279.06で終了。 先月16日につけた年初来安値からは6.4%上昇している。

チャールズ・シュワブで英国の顧客の資産運用に携わるクリー・ サムラ氏は、「株式相場の全体的なトレンドは上昇だとの見方は変わ っていない」と述べ、「欧州株のバリュエーションは魅力的だ」と続 けた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州 600指数の構成銘柄で11日以降に決算を発表した30社のうち20 社の1株当たり利益が予想を上回っている。同指数構成銘柄のPER (株価収益率、推定ベース)は11.2倍で、過去5年の平均は12.3 倍。

20日の西欧市場では、ギリシャとルクセンブルクを除くすべて の国で主要株価指数が上昇した。プジョーは4.7%高、ロレアルは

3.2%上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE