コンテンツにスキップする

スイス政府:大き過ぎる銀行への資本規制強化、経済全体に恩恵-報告

スイス政府は20日、当局が 提案する「大き過ぎてつぶせない」銀行のUBSとクレディ・スイ ス・グループに対する資本規制の強化が、長期的には予測されるコ スト以上の恩恵を経済にもたらすとの見解を発表した。

政府がウェブサイトに発表した調査報告書によると、規制強 化はUBSとクレディ・スイスの利益を損なう可能性がある一方で、 「こうした取り組みが犠牲の大きな市場の失敗をなくし、全体的な経 済的福祉を高めるため、十分に埋め合わせられるだろう」と指摘した。

UBSとクレディ・スイスが保有する資産は、いずれもスイス 経済の2倍を超える。スイスの規制当局はアイスランド型の経済危機 に陥るリスクを削減するため、UBSとクレディ・スイスに資本増強 を求めている。

スイス政府はUBSとクレディ・スイスが融資を抑制した場合、 その分のギャップはより小規模な金融機関が埋めるだろうと指摘し、 そうなれば貸し出し金利の競争を促すことにもなると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE