コンテンツにスキップする

タイ中銀:政策金利を2.75%に引き上げ-インフレ加速に対応

タイ中央銀行は20日、ここ1年足 らずで6回目の利上げを決定した。アジア各国・地域の政策当局者ら は、商品価格上昇で押し上げられたインフレを抑制する取り組みを強 化している。

タイ中銀はこの日の政策決定会合で、主要政策金利である1日物 レポ金利を0.25ポイント引き上げて2.75%としたと発表した。ブル ームバーグ・ニュースがエコノミスト20人を対象に実施した調査では、 全員が同幅の利上げを予想していた。

カシコンバンクの資本市場調査責任者、コブシディ・シンラパチ ャイ氏は政策発表前に、「インフレは世界的な現象で、それを避けるこ とはできない」と指摘。「中銀は積極的でなくてはならず、インフレ加 速を予防するために動く必要がある」と付け加えた。

中銀はこの日、インフレに対して必要な措置を取るとともに、物 価圧力を注意深く見守ると表明。実質金利は依然としてマイナスで、 指標金利は依然として上昇傾向にあると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE