コンテンツにスキップする

米eベイ、地元情報サービスの新興企業WHEREを買収-関係者

世界最大の電子商取引サイトを運 営する米eベイは、携帯電話を使って地元情報を提供するサービスを 手掛ける新興企業WHERE(ボストン)を買収した。事情に詳しい 関係者1人が明らかにした。

WHEREは、400万人超のアクティブユーザー同士が好みの小 売店やレストランなどに関する情報を交換できるサービスを提供して いる。eベイは買収の条件を明らかにしていないが、早ければ20日 に発表される可能性がある。非公開情報であることを理由に同関係者 が匿名を条件に明らかにした。

eベイは買収を電子商取引サイト以外の事業拡大に生かし、実際 の店舗で買い物をしたりスマートフォン(多機能携帯電話)で商品を 検索する消費者を取り込む。同社は昨年12月、米小売店の商品在庫 検索サービスを提供するマイロ・ドット・コムを買収。3月には電子 商取引用ウェブサイト構築のGSIコマースを約24億ドル(約2000 億円)で買収する計画を発表した。

eベイの広報担当ジョン・プルハウスキ氏はコメントを控えてい る。19日のナスダック市場で同社の株価終値は前日比変わらずの

31.15ドル。年初来騰落率はプラス12%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE