コンテンツにスキップする

東電:2号機汚染水移送、26日間完了に向け順調-リストラ案検討中

東京電力は20日午前の記者会見で、 福島第一原子力発電所2号機の放射能汚染水の移送について「順調」と の見方を示した。東電原子力設備管理部の黒田光課長が明らかにした。

東電広報部長の寺沢徹哉氏によると、同日午前7時現在で汚染水の 移送は210立方メートル。2号機立て坑の水位は1センチ低下したとい う。

黒田氏は「汚染水の移送は順調で、このペースで行けば26日間で移 送が完了すると思う」と述べた。立て坑の水位が低下したことについて は、「移送によって減った」と説明した。

寺沢氏は、資産売却などのリストラ案は検討中で、具体的な額など 詳細を明らかにできる段階ではないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE