コンテンツにスキップする

中国:2月の景気先行指数、0.3%上昇-経済活動は「穏やかに」

中国の経済活動は、当局の引き締 め措置の影響で「穏やかに」なりつつあると、米民間調査機関コンファ レンス・ボードが指摘した。

コンファレンス・ボードが20日、暫定データに基づいて発表した 中国の2月の景気先行指数は前月比0.3%上昇し、155.3となった。

コンファレンス・ボードの北京在勤エコノミスト、ビル・アダムズ 氏は、「2月の景気先行指数の伸びは2010年遅くに比べて著しく鈍化 した。これはマクロ経済の引き締め策が効果を発揮し、11年の経済活 動を穏やかにしていることを示す」と指摘。「与信の減少と不動産市況 の軟調が、向こう数カ月間、投資活動の妨げになるだろう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE