コンテンツにスキップする

3月の米中古住宅販売件数2.5%増か、前月の減少分補えず-調査

3月の米中古住宅販売件数は増加 が見込まれるが、前月の減少分を補う伸び率ではなかったもようだ。 米住宅市場が苦戦し続けている兆候が示されるだろう、とエコノミス トは指摘している。

ブルームバーグ・ニュースが実施した調査では、20日に発表され る3月の中古住宅販売件数は前月比2.5%増の500万戸(年率、74社 の予想中央値)の見通し。2月は同9.6%減だった。市場の90%を占 める中古住宅販売は、現金取引で投げ売り状態の物件を取得する買い 手に伴い、1月に8カ月ぶりの高水準に達していた。

PNCファイナンシャル・サービシズ・グループのシニアエコノ ミスト、ロバート・ダイ氏は「回復基調に乗っているが、皆が望んで いるよりも緩やかなペースになる」と指摘。「現時点では与信の制限が 住宅販売の足を引っ張っている。今年末までに、峠を越したと感じ始 めるだろう」と語った。

全米不動産業者協会(NAR)は午前10時に中古住宅販売件数を 発表する。エコノミストの予想レンジは459万-540万戸。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE