コンテンツにスキップする

トヨタ:北米の生産調整を6月初めまで延長する計画-部品不足で

世界最大の自動車メーカー、トヨ タ自動車は、東日本大震災の影響で部品供給が滞ったことを理由に、 北米の生産調整を6月初めまで1カ月余り延長すると発表した。

トヨタの北米部門は既に、4月15-25日の期間で5日間、生産を 見合わせていたが、4月26日から6月3日にかけても月曜と金曜の稼 働を休止し火曜、水曜、木曜は通常の5割の稼働レベルとする生産調 整を継続すると発表した。これに加え、米工場の稼働を5月30日の週 に休止するほか、カナダでは5月23日の週に停止することを明らかに した。

米自動車情報サイト、トゥルーカー・ドットコムのアナリスト、 ジェシー・トプラック氏は、「これは近いうちには終わらないだろう」 と指摘、「減産が影響し、今年のトヨタの米国販売が最大10%減少す る可能性がある」と述べた。

トヨタは、北米工場の生産調整でレイオフ(一時解雇)は行わな いと表明。6月4日以降の生産計画は今後決定するとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE