コンテンツにスキップする

李嘉誠氏の元建て香港REIT、上場規模は約1330億円-関係者

香港の資産家、李嘉誠氏の不動産 投資信託(REIT)「匯賢房託」の上場規模が105億元(約1330億 円)となった。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。匯賢房託は、 人民元建てとして初めて香港で上場されるREIT。

匯賢房託の1投資口(1株に相当)当たりの価格は5.24元と、投 資家に示した仮条件の下限となった。発行されたのは20億投資口。発 表前だとして関係者が匿名を条件に語った。目論見書に基づく予想利 回りは4.26%。

香港での人民元建て預金の増加を背景に、匯賢房託の予想利回り は香港に上場している他のREITよりも低くなった。HSBCホー ルディングスが提供する1年物預金、50万元以上の利息は0.6%だ。

大和証券キャピタル・マーケッツの香港担当調査責任者、ジョナ ス・カン氏によれば、香港に上場している大半のREITは利回りが 5-6%だという。

李氏が率いるチョンコン・ホールディングス(長江実業集団)の 香港在勤広報、ウィニー・チェオン氏に電話取材を試みたが現時点で 返事はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE