コンテンツにスキップする

米ナスダック、NYSEに3.5億ドルの違約金も-当局が買収阻止なら

米ナスダックOMXグループとイ ンターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)は、ニューヨーク 証券取引所(NYSE)を運営するNYSEユーロネクストを買収す る計画が反トラスト(独占禁止)当局の承認を得られない場合、NY SEに3億5000万ドル(約289億円)を支払うことを同社の取締役会 に提案した。

NYSEは10日、ナスダック陣営による113億ドル相当の一方的 な買収案を拒否し、ドイツ取引所との2月の合併合意を確認した。こ れには合併が実現しなかった場合に違約金2億5000万ユーロ(約296 億円)を支払う条件が盛り込まれている。

ナスダックとICEはNYSEの取締役会に宛てた書簡で、複数 の金融機関から38億ドル(約3100億円)相当の融資の約束を取り付 けたことを明らかにした。

ナスダック陣営が提案したのはいわゆるリバース・ブレークアッ プ・フィーと呼ばれる違約金で、上場株独占を懸念する米当局がNY SE買収を阻止するとの不安を和らげる狙いがある。

NYSEはウェブサイトに掲載した発表文で、ナスダック陣営の 提案を受け取ったとした上で、取締役会がしかるべき時期に検討する と説明した。ドイツ取引所は電子メールで配布した19日の発表文で、 NYSEとの合併合意にコミットしており、計画を推進する考えだと 表明した。

ナスダックのロバート・グレイフェルド最高経営責任者(CEO) とICEのジェフ・シュプレッヒャーCEOによると、両社は米司法 省反トラスト局とこの問題を協議している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE