コンテンツにスキップする

NY銅先物:3.1セント高の1ポンド=4.2485ドル

19日のニューヨーク銅先物相場は昨 年6月以来最長の下落局面の後で反発。銅先物相場は前日まで6営業日 連続で下げていた。米フリーポート・マクモラン・カッパー・アンド・ ゴールドがインドネシアの1鉱山での操業を停止したことが材料。

フリーポートはインドネシアのグラスベルク鉱山での労働災害で、 労働者1人が死亡、1人が行方不明となった後で、同鉱山の地下での操 業を停止した。

キャピトル・コモディティ・サービシズのラニー・コーエン社長 は、世界の鉱山での生産は需要に追い付いておらず、「市場は長期的な 上昇トレンドにある」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 7月限終値は前日比3.1セント(0.7%)高の1ポンド=4.2485ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE