コンテンツにスキップする

欧州株:1カ月ぶり大幅安から反発-好調業績でLVMHなどに買い

欧州株式相場は上昇し、ストッ クス欧州600指数は1カ月ぶり大幅安から反発した。LVMHモ エ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンやSKF、ノバルティスの業績がアナ リスト予想を上回ったことが材料視された。

仏高級品メーカーのLVMHは5%上昇。1-3月(第1四半期) の売上高が予想以上だったことが好感された。過去最高益となったス ウェーデンのベアリングメーカー、SKFは6.4%高。スイスの製 薬会社ノバルティスは4カ月ぶり大幅高となった。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%高の274.42で終了。 前日には格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が米 国債の格付け見通しをネガティブに変更したことを受け、同指数は

1.7%下げていた。先月16日につけた年初来安値からは4.7%上昇 している。

バンク・マルタン・モーレル(マルセイユ)で資産運用に携わ るジェローム・フォルネリス氏は、「内容の良い決算が続いている」 と述べ、「決算シーズン全体がこうならば、市場はこれに焦点を絞っ てほしいのだ。反応の鈍い中での朗報であり、さらに上昇する余地は ある。市場はまだ消極的だ」と続けた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州 600指数の構成銘柄で11日以降に決算を発表した16社のうち11 社の株価収益率(PER)が予想を上回っている。

19日の西欧市場では、18カ国すべてで主要株価指数が上昇。

ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた経済活動は4月、予想 外に拡大ペースが加速した。マークイット・エコノミクスがこの日発 表した4月のユーロ圏総合景気指数(速報値)は57.8と、前月の

57.6から上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト 13人を対象にした調査では、中央値で57が見込まれていた。同指 数は50を上回ると活動拡大を示す。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE