コンテンツにスキップする

4月19日の欧州マーケットサマリー:ギリシャ2年債利回り20.67%

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.4320 1.4235 ドル/円 82.41 82.66 ユーロ/円 118.01 117.66

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 274.42 +1.37 +.5% 英FT100 5,896.87 +26.79 +.5% 独DAX 7,039.31 +12.46 +.2% 仏CAC40 3,908.58 +27.34 +.7%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 1.80% +.06 独国債10年物 3.28% +.03 英国債10年物 3.55% .00

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,490.50 -2.50 -.17% 原油 北海ブレント 121.98 +.37 +.30%

◎欧州株式市場

欧州株式相場は上昇し、ストックス欧州600指数は1カ月ぶり 大幅安から反発した。LVMHモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンやS KF、ノバルティスの業績がアナリスト予想を上回ったことが材料視 された。

仏高級品メーカーのLVMHは5%上昇。1-3月(第1四半期) の売上高が予想以上だったことが好感された。過去最高益となったス ウェーデンのベアリングメーカー、SKFは6.4%高。スイスの製 薬会社ノバルティスは4カ月ぶり大幅高となった。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%高の274.42で終了。 前日には格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が米 国債の格付け見通しをネガティブに変更したことを受け、同指数は

1.7%下げていた。先月16日につけた年初来安値からは4.7%上昇 している。

バンク・マルタン・モーレル(マルセイユ)で資産運用に携わ るジェローム・フォルネリス氏は、「内容の良い決算が続いている」 と述べ、「決算シーズン全体がこうならば、市場はこれに焦点を絞っ てほしいのだ。反応の鈍い中での朗報であり、さらに上昇する余地は ある。市場はまだ消極的だ」と続けた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、ストックス欧州 600指数の構成銘柄で11日以降に決算を発表した16社のうち11 社の株価収益率(PER)が予想を上回っている。

19日の西欧市場では、18カ国すべてで主要株価指数が上昇。

ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた経済活動は4月、予想 外に拡大ペースが加速した。マークイット・エコノミクスがこの日発 表した4月のユーロ圏総合景気指数(速報値)は57.8と、前月の

57.6から上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト 13人を対象にした調査では、中央値で57が見込まれていた。同指 数は50を上回ると活動拡大を示す。

◎欧州債券市場

欧州債市場ではギリシャ2年債利回りがユーロ導入以来の最高 を記録した。調達コストが上昇する中、ギリシャが債務再編を余儀 なくされるとの観測が強まった。

ドイツ国債も下落した。この日発表された経済指標でユーロ圏 のサービス業と製造業の生産活動が4月に予想に反して拡大した ことが示され、利上げ観測が高まったのが背景。

ギリシャ政府はこの日、13週物証券を入札し、16億2500万 ユーロを前回入札を上回る金利で調達した。ギリシャ2年債利回り は18日に初めて20%を突破していた。ポルトガル2年債利回りは この日上昇し、少なくとも15年ぶりの高水準を付けた。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の資本市場戦略担当 副ディレクター、オーランド・グリーン氏は、「ギリシャがこうし た特定の障害を乗り越えることができたという事実はやや安心で きる材料となるだろう」と述べた上で、「流動性をめぐる懸念が依 然としてある。センチメントは改善しておらず、まだ困難を脱して いない」と続けた。

ギリシャ2年債利回りは一時20.67%に達し、ブルームバーグ がデータ集計を開始した1998年以来の最高を記録した。ロンドン 時間午後4時16分現在は前日比29ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)上昇の20.62%。同国債(表面利率4.6%、2013 年償還)価格は0.22ポイント下げ75.03。ギリシャ10年債利回 りは7bp低下の14.48%。入札前には14.66%まで上げ、ユー ロ導入以来の高水準を付けた。

ギリシャがこの日実施した証券入札の利回りは4.10%と、2 月15日の前回入札の3.85%を上回った。応札倍率は3.45倍(前 回は5.08倍)。

ポルトガル2年債は5営業日続落。同利回りは少なくとも 1996年以来の高水準となる10.26%に上昇した。

独10年債利回りは前日比3bp上昇の3.28%。一時は

3.225%まで下げ、3月24日以来の最低となった。独2年債利回 りは6bp上昇し1.79%。先月25日以来の低水準となる1.716% まで下げる場面もあった。

◎英国債市場

英国債市場の10年債利回りは3.55%で、前日からほぼ変わら ず。30年債利回りは4.28%。

インフレ見通しの指標となる30年物のブレークイーブンレート (通常国債とインフレ連動国債の利回り差)は8営業日ぶりに拡大し、

3.53ポイントに達した。一時は3.51ポイントに下げていた。4月 のインフレ率は5月17日に公表される。

スイスクオート銀行(ジュネーブ)の市場ストラテジスト、エリ ザベス・グレゴリー氏は、「英国の金利状況は次回のインフレ統計次 第だろう」と語った。

英公債管理局(DMO)はこの日、2050年償還のインフレ連動 債を9億ポンド入札した。応札倍率は1.97倍だった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE