コンテンツにスキップする

IAEA:女川と福島第2などの安全性を検証する必要、調査団派遣へ

国際原子力機関(IAEA)は女川 や福島第二を含む原子力発電所の安全対策を検証するため、日本に事実 調査団を派遣する方向で準備していることを明らかにした。

同機関のデニス・フローリー事務次長は19日にウィーンで行われた 記者説明で、どのように事実調査を進めていくかを現在、日本政府と話 し合っているところだと述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE