コンテンツにスキップする

上海の外資系銀行:今年の収入目標は21%増、昨年計画下回る-銀監会

上海市で法人登記された外資系銀 行の今年の収入目標は前年比21%増と、昨年目標の38%増を下回って いる。政府による追加引き締め策を見込んでいることが理由だ。中国 銀行業監督管理委員会(銀監会)の上海支部が19日、電子メールで資 料を配布した。

それによると、外資系銀行は今年、資産を20%拡大し、融資と預 金はそれぞれ17%、24%増やすことを目指している。すべての項目で 目標が前年を下回った。店舗数は全国で147増やす計画。

資料によると、英HSBCホールディングスとスタンダードチャ ータード銀行、東亜銀行は中国株式市場での上場準備を加速させる計 画だ。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gregory Turk at +86-21-6104-3037 or gturk2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE