コンテンツにスキップする

野田財務相:財源確保が財政再建と整合的か市場は注目-2次補正

野田佳彦財務相は19日午前の閣議 後会見で、東日本大震災の復旧・復興のための第2次補正予算以降の 財源問題について「財源確保の仕方が財政健全化の道筋と整合的であ るかどうかを海外や市場も注視している」との認識を示した。

政府・与党は18日、野党に対し補正予算の財源として従来の国債 と区別して管理し、償還財源を担保する「復興再生債(仮称)」の発 行によって賄う方針を示した。このほか、歳出・歳入の見直しも含め た財源確保の在り方について与野党間で調整する方針だ。

一方で、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) が、「AAA」を付与している米国の信用格付けのアウトルック(見通 し)を「ネガティブ(弱含み)」に変更したことに対しては、「基本的 に米国債は魅力ある商品だと引き続き思っている」と述べた。

--取材協力 広川高史 Editor:Hitoshi Ozawa, Joji Mochida

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 下土井京子 Kyoko Shimodoi +81-3-3201-3142 kshimodoi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 香港 Paul Panckhurst +852-2977-6603 ppanckhurst@bloomberg.net 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE