コンテンツにスキップする

米GM:中国での自動車販売台数、15年までに500万台に倍増目指す

米自動車メーカー、ゼネラル・モ ーターズ(GM)は、中国での販売台数を2015年までに500万台に倍 増する計画だ。同社最大の市場としての位置付けを不動のものにしたい 考えだ。

GM中国部門のケビン・ウェイル社長は18日に上海で、中国で 15年までに新車と新型車を合わせて60車種を投入する方針を明らかに した。これには「ビュイック」12モデルと「シボレー」ブランドの15 モデルが含まれるという。

中国政府の販売奨励策や経済成長を追い風に、同市場で最大の海 外自動車メーカーであるGMの2010年の自動車販売台数は、前年比 29%増の235万台となった。ただ、減税や補助金の打ち切りで今年の 自動車販売が減速するなか、GMやドイツのフォルクスワーゲン(V W)、トヨタ自動車など各社は同国での販売拡大を目指し、新モデルを 投入している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE