コンテンツにスキップする

マツダ:国内工場の稼働率を5-7割に引き上げ-震災後は5割以下

マツダは本社工場(広島県府中市)と 防府工場(山口県防府市)での稼働率を18日から5-7割程度に引き上 げたことを明らかにした。マツダは東日本大震災の影響で3月14日の夜 勤から同21日まで両工場での操業を停止。その後も部品不足から稼働率 は5割以下にとどまっていた。広報担当の皆川康太郎氏が19日、電話取 材に明らかにした。部品の供給が安定してきたためで、当面は同程度の 稼働率を目指すという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE