コンテンツにスキップする

欧州投資ファンド、BOAなど銀行を提訴-LIBOR操作で損賠請求

【記者:Phil Milford】

4月18日(ブルームバーグ):米銀バンク・オブ・アメリカ(B OA)やJPモルガン・チェース、英HSBCホールディングス、バ ークレイズ銀行、クレディ・スイス・グループなどがロンドン銀行間 取引金利(LIBOR)を共謀操作したとして、欧州投資ファンド3 社が15日、マンハッタンの米連邦地裁に提訴した。

訴えたのはFTCキャピタル(ウィーン)とFTCフューチャー ズ・ファンドSICAV(ルクセンブルク)、FTCフューチャーズ・ ファンドPCC(英領ジブラルタル)。これらファンドは訴状で、銀行 側がLIBORに基づく先物やオプション、スワップ、デリバティブ (金融派生商品)を自ら設定した「人為的な価格」で販売し、投資家 に損害を与えたと主張している。

原告側によれば、2006-09年にこれら銀行はLIBORを人為 的に抑える方向で集団合意し、大恐慌以来最悪の金融危機に見舞われ た時期と重なる08年初め時点で、本来なら「大幅に上昇していたは ずの」LIBORが安定推移していたという。

原告側は詐欺の隠匿と米商品取引所法(CEA)違反、反トラス ト法(独禁法)違反、不正利得があったとして、デリバティブ投資家 を代表する集団訴訟での陪審裁判と損害賠償金(金額未定)の支払い を求めている。

事情に詳しい関係者1人が先月語ったところによると、米英当局 はLIBOR操作があったかどうかの捜査で協力している。関係者2 人によると、米司法省と米証券取引委員会(SEC)、米商品先物取引 委員会(CFTC)は英金融サービス機構(FSA)と連携している。

シティグループの広報担当ダニエル・ロメロアプシロス氏は今回 の訴訟について「根拠がないと確信している」と述べた。BOAの広 報担当者はコメントを控えた。ドイツ銀行の広報担当者はすぐにコメ ントできないと述べた。HSBC関係者からのコメントは得られてい ない。バークレイズとクレディ・スイスの広報担当者もコメントを控 えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE