コンテンツにスキップする

債券は続伸、長期金利3月末以来の低水準-株安・米債高で買いが優勢

債券相場は続伸。長期金利は一時

1.23%と3月末以来の低水準を付けた。前日の米国市場で株安、債券 高となった流れを引き継ぎ、日経平均株価が約1カ月ぶりの安値とな り、債券市場では買い優勢の展開が続いた。

みずほ信託銀行の吉野剛仁チーフファンドマネジャーは、堅調な 債券相場について、「欧州の債務問題、米国債の格付け見通しの引き下 げ、米企業決算への失望などを受けて、株式などのリスク性資産に売 りが出て、安全資産の債券が買われる『質への逃避』の動きになった」 と説明した。

東京先物市場で中心限月6月物は5日続伸。前日比14銭高の139 円50銭で取引を開始し、その後も139円台半ばで推移。日経平均株価 が下げ幅を拡大すると、徐々に水準を切り上げ、午後に入ると139円 64銭と、3月31日以来の高値を付けた。結局は18銭高の139円54 銭で引けた。

株式市場で日経平均は3日続落し、終値は前日比115円62銭安い 9441円03銭と3月24日以来、約1カ月ぶりの安値水準となった。米 格付け会社が18日に米国債の格付けの見通しを引き下げ、同日の欧米 株式相場が大きく下げたことで買いが手控えられた。

SMBC日興証券の土井俊祐マーケットアナリストは、「外部環境 が追い風となっていることを受けて債券相場は高く始まった。米国市 場で金利が低下したほか、世界的にソブリン債の問題が懸念される中、 為替市場で円高圧力がかかりやすい」と述べた。

米株安・債券高

18日の米株式相場は下落。格付け会社スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)による米国債の格付け見通しを「ネガティブ」に下 方修正したことが嫌気された。一方、同日の米債相場は上昇。S&P が米国債の長期格付け見通しを引き下げたことを受けて、米10年債利 回りは3.45%まで上昇した。しかし、米株相場が大幅安になると買い が増え、前週末比3ベーシスポイント(bp)低い3.37%程度で終えた。

S&Pは米国の長期格付け「AAA」について、見通しを「ネガ ティブ」とした。今後2年以内に3分の1の確率で格下げの可能性が あるとしている。もっとも、ムーディーズ・インベスターズ・サービ スは同日、米国債の格付けと見通しについて、「当面は据え置く方向」 と発表した。

大和住銀投信投資顧問の伊藤一弥国内債券運用第2グループリー ダーは、「海外や国内市場での株安を受けて、債券相場は堅調に推移し ている。S&Pが米国債の長期信用格付け見通しを引き下げたものの、 財政緊縮による景気悪化の方が懸念されている」と説明した。

10年債利回りは一時1.23%

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の313回債利回 りは、前日比0.5bp低い1.24%で開始し、午前は1.235-1.24%で推 移した。午後1時前後から徐々に水準を切り下げ、一時は3月31日以 来の低水準となる1.23%まで下げた。午後3時前からは1bp低い

1.235%で推移している。

中期債も上昇。新発5年物の96回債利回りは一時2bp低い

0.495%まで低下。3月31日以来の0.5%割れを記録した。その後は

0.50%ちょうどで推移している。みずほインベスターズ証券の井上明 彦チーフストラテジストは、「海外市場の株安・債券高を受けて、上値 を試す展開」を予想。もっとも、10年債利回りの1.2%、5年債利回 りの0.5%は心理的な抵抗水準になると見方を示していた。

また、超長期債も買われた。20年物の125回債利回りは一時3bp 低い2.005%まで下げた。これは新発20年債として3月25日以来の 低い水準。21日には20年債入札を控えているものの、新年度入りに 伴う投資家の現物債買いが継続しているもようだ。ドイツ証券の山下 周氏は、「期初で、ゴールデンウイークが接近していることもあり、買 いが入りやすい状況が続く」と話した。

消費増税

こうした中、政府は東日本大震災の復興財源を確保するため、消 費税を早ければ2012年度から3年間限定で3%引き上げ、8%とする 方向で検討に入ったと19日付の読売新聞朝刊が報じた。

トヨタアセットマネジメントの浜崎優チーフストラテジストは、 消費税率引き上げは債券市場にとっては好材料と指摘。「復興財源調達 のための国債増発を免れるほか、復興による景気のリバウンドを増税 で打ち消すという思惑が債券にとってプラス」と説明した。また、み ずほ信託の吉野氏は、「公的債務の持続性や社会保障問題は避けて通れ ず、プライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化を目指す枠組 みを崩さない中で、こうした議論が進むべきだ」と話した。

--取材協力:油井望奈美 Editors:Hidenori Yamanaka, Joji Mochida

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE