コンテンツにスキップする

オバマ米大統領夫妻、10年総所得は1.4億円-連邦所得税3700万円

オバマ米大統領夫妻の2010年の総 所得は調整後で170万ドル(約1億4000万円)だった。夫妻は連邦所 得税として45万3770ドル(約3700万円)を支払った。

ホワイトハウスが18日公表した10年納税申告書によると、オバ マ大統領夫妻の控除後の課税所得は130万ドル。オバマ大統領は昨年、 大統領給与40万ドルのほか、著書に関連する約140万ドルを得た。

オバマ夫妻の総所得は前年比約69%減少し、06年以降で最も少な かった。夫妻が納税義務を負う連邦所得税額は前年から約75%減った。

カーニー大統領報道官からのホワイトハウスのブログ投稿による と、オバマ家の所得の大部分は大統領の著書の売り上げだった。大統 領は10年11月に児童書「オブ・ジー・アイ・シング:ア・レター・ トゥ・マイ・ドーターズ(原題)」を出版。大統領にはこのほか、自叙 伝「マイ・ドリーム」や政治哲学を記した「合衆国再生」の著書もあ る。

大統領夫妻は所得の大部分について最高上限税率の35%で納税 した。大統領は13年に最高税率を39.6%に戻すことを支持している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE